出展作家

Artist

阿部乳坊

Abe Nyubo


1982年新潟生まれ。
2000年から木を用いての彫刻作品を多数制作。
台湾、韓国など国際展にも参加するほか、中期滞在制作や科学などの研究者との共同制作も行っている。
2009年、二国間交流事業プログラムで台北国際藝術村にて滞在制作。
現在は台湾を拠点に活動している。

阿部乳坊

Abe Nyubo


1982年新潟生まれ。
2000年から木を用いての彫刻作品を多数制作。
台湾、韓国など国際展にも参加するほか、中期滞在制作や科学などの研究者との共同制作も行っている。
2009年、二国間交流事業プログラムで台北国際藝術村にて滞在制作。
現在は台湾を拠点に活動している。

 

石塚沙矢香

Ishizuka Sayaka


1980年静岡県生まれ。現在神奈川県在住。
女子美術大学芸術学部絵画学科卒業後インスタレーション作品を中心に発表を続ける。
2015年の出産後は神奈川県内の芸術祭を中心に発表を継続的に行う。
2017年〜「ゆくえ」プロジェクト(神奈川県内3ヶ所)
2014年 個展「生生不息 LIFE THREADS」Pearl Lam Galleries(上海)
2013年 瀬戸内国際芸術祭(香川)/イチハナリアートプロジェクト(沖縄)
2009年 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)
    /トーキョーワンダーサイト交流事業プログラムNZアーティストインレジデンス 他

石塚沙矢香

Ishizuka Sayaka


1980年静岡県生まれ。現在神奈川県在住。
女子美術大学芸術学部絵画学科卒業後インスタレーション作品を中心に発表を続ける。
2015年の出産後は神奈川県内の芸術祭を中心に発表を継続的に行う。
2017年〜 「ゆくえ」プロジェクト 神奈川県内3ヶ所/2014年 個展「生生不息 LIFE THREADS」Pearl Lam Galleries(上海)/2013年 瀬戸内国際芸術祭(香川)/イチハナリアートプロジェクト(沖縄)/2009年 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)/トーキョーワンダーサイト交流事業プログラムNZアーティストインレジデンス 他

 

伊藤隆治

Ito Takaharu


1966年 東京生まれ。東京造形大学卒業。
「光」を素材にライトアート作品やモニュメントなどを制作する。
箱根彫刻の森美術館“夜のアートファンタジー”ライトアートのディレクションを担当。
個展:美ヶ原高原美術館、彫刻の森美術館ほか
所蔵:岩手町石神の丘美術館、上海国際彫刻公園ほか
 
和光大学経済経営学部 教授
環境水族館アクアマリンふくしま デザイン研究所所長
環境芸術学会 理事

伊藤隆治

Ito Takaharu


1966年 東京生まれ。東京造形大学卒業。
「光」を素材にライトアート作品やモニュメントなどを制作する。箱根彫刻の森美術館“夜のアートファンタジー”ライトアートのディレクションを担当。個展:美ヶ原高原美術館、彫刻の森美術館ほか 所蔵:岩手町石神の丘美術館、上海国際彫刻公園ほか。
和光大学経済経営学部 教授
環境水族館アクアマリンふくしま デザイン研究所所長
環境芸術学会 理事

尾花賢一

Obana Kenichi


1981 群馬県生まれ
2004 筑波大学芸術専門学群洋画専攻 卒業
2006 筑波大学大学院芸術研究科洋画コース 修了
 
個展
2018「森の奥、そして -前編・後編-」/hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
2017「森の奥、そして」/アトリオン 秋田総合生活文化館・美術館(秋田)
2017「New perspective」/Gigantic Brewing(アメリカ ポートランド)
 
グループ展
2018
「いつかくる日」/ココラボラトリー(秋田)
ART OSAKA 2018/HOTEL GRANVIA OSAKA (大阪)
Output!artput!/Shibamata FU-TEN Bed and Local(東京)
2017
かみこあにプロジェクト/秋田県北秋田郡上小阿仁村八木沢集落  
2016
東京ミッドタウンストリートミュージアム2015/東京ミッドタウン(東京)
踊れ彫刻 –覆面男と服好き女−/hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
六本木アートナイト/東京ミッドタウン(東京)
秋田の美術2016/秋田県立美術館 県民ギャラリー(東京)

 

尾花賢一

Obana Kenichi


1981 群馬県生まれ
2004 筑波大学芸術専門学群洋画専攻 卒業
2006 筑波大学大学院芸術研究科洋画コース 修了
 
・個展
2018
「森の奥、そして -前編・後編-」/hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
2017
「森の奥、そして」/アトリオン 秋田総合生活文化館・美術館(秋田)
「New perspective」/Gigantic Brewing(アメリカ ポートランド)
 
・グループ展
2018
「いつかくる日」/ココラボラトリー(秋田)
ART OSAKA 2018/HOTEL GRANVIA OSAKA (大阪)
Output!artput!/Shibamata FU-TEN Bed and Local(東京)
2017
かみこあにプロジェクト/秋田県北秋田郡上小阿仁村八木沢集落
2016
東京ミッドタウンストリートミュージアム2015/東京ミッドタウン(東京)
踊れ彫刻 –覆面男と服好き女−/hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
六本木アートナイト/東京ミッドタウン(東京)
秋田の美術2016/秋田県立美術館 県民ギャラリー(東京)

 

SaraGally

サラ・ガリー


東京生まれ、神奈川県藤沢市在住。
子どもの頃から絵を描くことが大好きで、2015年にCHALKBOYと出会ったことをきっかけに手描き文字の世界に飛び込む。
半年間アシスタントを務めた後独立。
現在は広告のイラストレーションや店舗の看板・壁画のペイントなどをフリーで手がけており、手描き文字のワークショップを全国で開催したり、「手描きの祭典 HAND-WRITTEN SHOWCASE」を仲間たちと運営するなど、活動の幅を広げている。
 
個展
2017年7月 初個展「メゾン・レモネード」(yorifune / 横浜)
2018年7月 個展「文字が好き」(blackbird books / 大阪)
 
主な仕事
「たまプラーザテラス」6周年記念メインビジュアル制作(2016)
キリン「午後の紅茶」ディズニー限定パッケージデザイン(2017)
「渋谷ヒカリエ」壁画制作(2018)

SaraGally

サラ・ガリー


東京生まれ、神奈川県藤沢市在住。
子どもの頃から絵を描くことが大好きで、2015年にCHALKBOYと出会ったことをきっかけに手描き文字の世界に飛び込む。半年間アシスタントを務めた後独立。現在は広告のイラストレーションや店舗の看板・壁画のペイントなどをフリーで手がけており、手描き文字のワークショップを全国で開催したり、「手描きの祭典 HAND-WRITTEN SHOWCASE」を仲間たちと運営するなど、活動の幅を広げている。
 
個展
2017年7月 初個展「メゾン・レモネード」(yorifune / 横浜)
2018年7月 個展「文字が好き」(blackbird books / 大阪)
主な仕事
「たまプラーザテラス」6周年記念メインビジュアル制作(2016)
キリン「午後の紅茶」ディズニー限定パッケージデザイン(2017)
「渋谷ヒカリエ」壁画制作(2018)

鈴木泰人

Suzuki Yasuhito


1979 神奈川県出身在住
2002 オーストラリアのタスマニア州立大学に語学留学 卒業
2009 多摩美術大学造形表現学部油画科卒業、学芸員資格取得
2011 多摩美術大学 大学院美術研究科 油画専攻 修士課程 修了
2017 art unit OBI結成、合同会社OBI設立
 
光や場所を題材にして、インスタレーションやタブロー、プロジェクトアート、パフォーマンスアートなど、多様な表現方法により発表をしている。一貫したテーマである「距離を測る」作品は、地域や企業と取り組むアートプロジェクトで数多く採用され、作品制作のプロセスにおける会話から物語づくりを、多分野に応用する試みも同時に行っている。2017年に現代美術と建築に特化したart unit OBIを結成し、合同会社OBIを設立。共同代表をつとめる。

鈴木泰人

Suzuki Yasuhito


1979 神奈川県出身在住
2002 オーストラリアのタスマニア州立大学に語学留学 卒業
2009 多摩美術大学造形表現学部油画科卒業、学芸員資格取得
2011 多摩美術大学 大学院美術研究科 油画専攻 修士課程 修了
2017 art unit OBI結成、合同会社OBI設立
 
光や場所を題材にして、インスタレーションやタブロー、プロジェクトアート、パフォーマンスアートなど、多様な表現方法により発表をしている。一貫したテーマである「距離を測る」作品は、地域や企業と取り組むアートプロジェクトで数多く採用され、作品制作のプロセスにおける会話から物語づくりを、多分野に応用する試みも同時に行っている。2017年に現代美術と建築に特化したart unit OBIを結成し、合同会社OBIを設立。共同代表をつとめる。

 

都築まゆ美

Tsuzuki Mayumi


1966年 東京生まれ
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(インテリアデザイン)卒
書籍の装画や文芸誌の挿絵などのイラストレーションのほか、布や異素材を使用した半立体平面作品や、布による動物の剥製(ハンティング・トロフィー)を模した壁掛けオブジェFabric trophyの制作販売、それら作品を含むディスプレイデザインなど幅広く活動。
 
主な出展歴
Affordable Art Fair/ニューヨーク・アムステルダム・香港・ロンドン・シンガポール
『本から飛び出した、新しい創造』/Bunkamura Box Gallery
SCOPE BASEL/バーゼル
『アートの森vol.1 ,vol.2 - Tokyo Fantasy』/銀座三越 8階ギャラリー
SCOPE Miami Beach /マイアミ
『私のキオク展』/Bunkamura Box Gallery
個展/ GALLERY HOUSE MAYA
『美しい言葉展』 / GALLERY HOUSE MAYA
ILLUSTRATION WAVE vol.1 / アーツ千代田 3331
個展/GALLERY MUVEIL

都築まゆ美

Tsuzuki Mayumi


1966年 東京生まれ
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(インテリアデザイン)卒
書籍の装画や文芸誌の挿絵などのイラストレーションのほか、布や異素材を使用した半立体平面作品や、布による動物の剥製(ハンティング・トロフィー)を模した壁掛けオブジェFabric trophyの制作販売、それら作品を含むディスプレイデザインなど幅広く活動。
 
主な出展歴
Affordable Art Fair/ニューヨーク・アムステルダム・香港・ロンドン・シンガポール
『本から飛び出した、新しい創造』/Bunkamura Box Gallery
SCOPE BASEL/バーゼル
『アートの森vol.1 ,vol.2 - Tokyo Fantasy』/銀座三越 8階ギャラリー
SCOPE Miami Beach /マイアミ
『私のキオク展』/Bunkamura Box Gallery
個展/ GALLERY HOUSE MAYA
『美しい言葉展』 / GALLERY HOUSE MAYA
ILLUSTRATION WAVE vol.1 / アーツ千代田 3331
個展/GALLERY MUVEIL

 

山田将志

Yamada Masashi


1986年神奈川県生まれ。
バンタンデザイン研究所イラスト&アート科修了。
2017年3月、真鶴まちなーれに参加。初めて真鶴を訪れる。
真鶴の人、風景、食べ物に魅了され2017年9月に移住。
2018年1月にはコミュニティ真鶴で個展「坂の上から海の側」を開催。

元々、町の風景や酒場、食べ物やそこに集まる人々を描くのが好きでした。
真鶴はそういう私の好きなものが凝縮された町です。
活動は展示以外に雑誌や広告のイラストを手がけております。

山田将志

Yamada Masashi


1986年神奈川県生まれ。
バンタンデザイン研究所イラスト&アート科修了。
2017年3月、真鶴まちなーれに参加。初めて真鶴を訪れる。真鶴の人、風景、食べ物に魅了され2017年9月に移住。2018年1月にはコミュニティ真鶴で個展「坂の上から海の側」を開催。

元々、町の風景や酒場、食べ物やそこに集まる人々を描くのが好きでした。真鶴はそういう私の好きなものが凝縮された町です。
活動は展示以外に雑誌や広告のイラストを手がけております。