05_wsev+.png

福島桜紀行

開催者:鉾井 喬

日時

2017年3月11日(土)|14:46〜16:16
14:15|入場開始
14:46|上映(30分)
15:16|トークショー(60分)

場所

真鶴港エリア|旧 平珍/真鶴港エリア案内所(真鶴町真鶴869) GoogleMap
公共バス:「ケープ真鶴」行き「小学校下」下車 バスマップ

参加費

無料

定員

30名(先着順)

桜を通して福島の現在(いま)を描写した記録映画
昨年の第二回真鶴まちなーれで上映し、近隣では小田原映画祭や茅ヶ崎映画祭でも好評を博し、全国各地で40回以上も上映されている鉾井喬制作の『福島桜紀行』。前回の上映から一年を経て3月11日に再演されます。

富岡町の「夜ノ森の桜」、日本三大桜のひとつ三春町の「滝桜」、東北に桃源郷ありと言われる「花見山」、そして会津地方の田園地帯に咲く種まき桜―。東日本大震災以後の福島県内を桜前線と共に移動し、桜のある風景と桜に思いを寄せる人々の声を集めた短編ドキュメンタリー「福島桜紀行」。 この短編映画の上映と、制作者の現代アーティストであり映像作家でもある鉾井喬さんによるトークショーを行います。鉾井さんはNHKのカメラマンとして勤務していた2011年、仙台平野を襲う津波をヘリコプターで中継の空撮をした経験を持ちます。震災から6年を経た現在(いま)、「福島」 と一言で片付けられてしまう現状に対し、一様には表現できない福島の状況を「桜」を通して私たちに伝えてくれます。


06_01.jpg

g_nextwsev17.png